クルードClue(Cluedo)|歴史ある推理ゲーム【ボードゲームレビュー】

ボードゲーム
プレイ人数 3~6人
プレイ時間 約40分

Clue(Cluedo)とは?

ストーリー

スキャンダルに巻き込まれたというMr.ブラックから、彼の屋敷に招待された6人の男女。
衝撃的な暴露を聞くために集まったのだが、肝心のMr.ブラックは失踪してしまう。
いったい誰が?どこで?どうやって?

家主のMr.ブラックの知人だという事以外、6人に接点はない。
ここにいる全員が容疑者だ!

ゲーム概要

Mr.ブラックの邸宅を探索しながら、彼を連れ去った犯人、凶器、犯行現場を探る推理ゲームです。
(失踪って書いてありますが、要するに殺されたようです。)

プレイヤーはそれぞれアリバイのあるカードを持ち、他のプレイヤーが何のカードを持っているのか探りながら、何が無くなっているのかを突き止め、告発します。

1949年にイギリスで作成されたクラッシックゲームで、多くの国にこのゲームのファンがいます。

部員の評価

クルードから派生したゲームなど

By Source (WP:NFCC#4), Fair use, https://en.wikipedia.org/w/index.php?curid=37871454

推理ゲームとしての仕組みが良く出来ているCluedoは、形を変えて長く遊ばれています。
もう作られていないバージョンにはプレミア価格となっているものも存在します。

お値段なんと 75,880円 (税込)!

収集家もいるんだろうなぁ~

日本でも「日本の探偵と言えばこの2人!」の名探偵が主役となって、子供向け発売されました。

金田一少年の事件簿 謎はすべて解けた!(絶版)

駿河屋 -金田一少年の事件簿 謎はすべて解けた!(パーティーゲーム)
商品解説■「金田一少年の事件簿」をテーマ&...

名探偵コナン 推理ボードボードゲーム CLUE 消えた財宝の秘密(絶版)

シャーロック クルード

こちらは輸入版ですが、シャーロックホームズがモチーフとなっています。
Cluedoと名探偵は相性ピッタリですからね!

シャーロック クルード 価格 13,400円 (税込)

トワイライトゾーンタワー・オブ・テラーディズニーテーマパーク

こちらも輸入版ですが、ディズニー界隈でも事件が発生したようです。

さすが伝統ある定番ゲーム!

その他にも、形を変えて日本語版が販売されていましたが、現在は残念ながらどれも絶版となっています。

映画 殺人ゲームへの招待状

1985年には映画にもなっています。
マスタード大佐、ミススカーレットなど、名前もそのままです。
ボードゲームで遊ぶより先に観ても、ゲームを楽しさを知った後に観ても、
Cluedoの世界に引き込まれてしまうでしょう。

Amazon.co.jp: 殺人ゲームへの招待 (字幕版)を観る | Prime Video
世界的に有名なボード・ゲーム"Clue"を映画化した愉快な作品。犯人は誰だ!?マスタード大佐は書斎で銃を持っていたのか?それともビリヤード室でロープを持っていたミス・スカーレットか?それとも執事のワズワースなのか?名だたる容疑者が一堂に会すると、それぞれ犯していた罪が明らかになる。そして彼ら全員の汚いやり方と、次々飛び...

ルール

2019年現在、英語版の販売のみとなっています。
プレイ自体に言語は不要なのですが、ルールブックは英語です。

文字読むのが面倒な方のための参考動画

クルードのリプレイ動画を作成されている方がいて、ルールの把握に大変参考になると思います。
文字を読むのが面倒な方は[二人組を作る] さんが作成した動画も参照してください。

クルードの遊び方

1.容疑カードの中から、武器、部屋、犯人のカードを一枚ずつ抜き出し、
誰にも見られないよう隠しておきます。

2.残りのカードをプレイヤーに均等に配ます。
(「均等にならなくてもドンマイ!」的な事が説明書に書いてありましたので、誰かが一枚多くても問題なし。)

3.手番の人はサイコロを振り、駒を移動させます。
どこかの部屋に入れたら推理をする権利が与えられます。
(部屋の中にたどり着けなかったら次の人へ)

4.犯行現場(今いる部屋)、武器、犯人をそれぞれ予想して、自分の推理を発表します。
(最初はあてずっぽうでかまいません)

犯人と名指しされた人は、手番プレイヤーと同じ部屋に駒を移動します。

5.手番プレイヤーの右隣の人は、もし宣言されたカードを持っていたら、
そのうち一枚を、手番プレイヤーにだけそっと見せます。

右隣が持っていなかったら、その隣、と、1周するまで確認します。

現場はここ、ラウンジ。凶器はロープ、犯人はグリーン牧師だ!

チバ
チバ

持ってない

ふじ
ふじ

ありえるな!

タク
タク

まて、俺が持ってる

6.誰かのカードを1枚でも見たら手番終了です。
つまり右隣の人が持っていたら、そこで終了して、それ以上の情報を得ることが出来ません。

誰も持っていなければ(自分が持っているのに、あえて聞いたのでなければ)、隠されたカードが確定します。

もし2枚持っていても、見せるのは1枚だけでOKです。

誰かに見せられたカードはアリバイがあるという事で、容疑の候補から外れます。

7.コンポーネントにメモが入っているので、得た情報をメモしながらゲームを進めていきます。


全ての謎が解けたら、中央の部屋へ行き、告発!

誰かが謎を解いたらゲーム終了です。

ハズれたら、犯人の毒牙にかかり、別の誰かが謎を解くまで、カードを見せる仕事だけが残ります…。

まとめ

現在発売されている推理系のゲームは、ほとんどがクルードがベースとなっており、
隠された容疑者カードを探していくという形のものが多いです。

世界に広く知られている事や、ルールさえ理解すれば、日本語が通じない国の人とも楽しむ事が出来る事が、Cluedoの魅力だと思います。

中古ボードゲーム[日本語訳無し] クルー (Clue)
駿河屋 2,320円(税込み)2019/01月現在

コメント